ECO

ソーラーパネルのメリット

屋根

光熱費の節約になる

自宅に太陽光の設備を設置して発電を行うことで、電気やガスなどの光熱費を大幅に削減する事ができます。住宅に太陽光の設備を取り付けて発電を行うことで、年間で3万円ほどの電気代を節約することが可能です。また太陽光の発電はオール電化と組み合わせる事によって、電気を有効に使う事ができるため、更に電気代が安くなります。発電した電気は自宅で使う事ができるため、発電量が多ければ電気を無料で使う事ができますし、電気が余ったらその分の電気は電力会社に買い取ってもらえます。太陽光で発電した電気は面倒な手続きをする事なく売却できるため、発電をすることで収入を増やせます。太陽光で発電した電気は、10年間は一定の価格で買い取ってもらう事ができるため、計画的に初期費用を取り戻せます。最近は太陽光の性能が向上しており、パネルも安くなっているため、少ない初期投資で安定して電気を売れます。また住宅に太陽光の設備を取り付ける事によって、災害時や台風で停電になった時にも、自宅で電気を使えます。大地震が起きると広範囲で停電がおき、テレビなどで情報を得る事ができなくなるため、災害時にも電気を使えるメリットは大きいです。太陽光の設備は年数が経っても品質が劣化する事がなく、安定して発電を行う事ができますし、耐久性が高いため故障することが少ないです。住宅設備には二酸化炭素を排出したり、騒音がでる物がありますが、太陽光の設備はそういった事はなく、設置場所を選びません。