ECO

エクステリア工事の費用

ペンキ

開放的なつくりが人気

住宅の外構には大きく分けて3つのデザインがあり、それぞれ必要になる予算が変わってきます。最も費用を抑える事ができるデザインがオープン外構で、塀や門を取り付けないため、その分の費用が安くなります。オープン外構のメリットは費用が安くなるだけでなく、住宅の風や光が通りやすくなり、敷地が狭くても広い印象を受けます。クローズ外構は住宅を塀や柵で覆い、外部からの視線を遮断するデザインになっており、建材を多く使用するため費用は高くなります。住宅の防犯性を高めるにはクローズ外講のデザインが適しており、住宅への侵入を難しくする事で家の安全性を高めます。セミクローズ外構は、両方のデザインを取り入れた外構で、防犯性が求められる部分は閉鎖的にして、その他の部分は開放的なデザインになっています。セミクローズ外構の費用も両方の中間くらいで、デザインを自由に決める事ができるため、センスが良ければお洒落な住宅になります。外構の工事費用を抑えるときのポイントとしては、工事は大手ハウスメーカーに依頼するのは避けて、直接エクステリアの専門店に頼みます。エクステリアの専門店に依頼する事で、中間マージンが取られずに済むため、その分の費用を抑えられます。また最近ではホームセンターに外構の資材が販売しているため、費用を抑えたい人は、自分でできる所は自分で施工しましょう。簡単な工事は自分で行い、美しい仕上がりが必要になる部分を業者に依頼すれば、費用を大幅に抑えることが可能です。