ECO

テレビの電波を受信する

アンテナ

受信装置の種類と特徴

自宅でテレビを見るには、業者に依頼してアンテナを取り付けてもらう必要がありますが、取り付けるアンテナの種類によって特徴が異なります。テレビで地デジを見るために必要になるのがUHFアンテナで、大きく3つの種類に分けられます。一般的に普及しているのが、八木式と呼ばれる魚の骨のような形状をしたタイプで、地域の電波状態に合わせて製品を選ぶことで、電波をしっかり受信することが可能です。八木式は屋根や屋上に取り付けるため、他の種類よりも電波を受信しやすいメリットがあります。そのため周囲に高い建物があり電波状態の悪い地域では、八木式のアンテナを採用することが多いです。マンションなどの壁に取り付ける事ができる平面状のアンテナは、形状がシンプルなので建物の美観を損なわない特徴を持っています。最近では屋根や屋上に太陽光発電を取り付ける住宅が増えており、八木式を取り付けられない事が多いですが、このタイプを選べば壁に取り付けられます。八木式に比べ取り付ける位置が低くなるため、電波状態が悪いときにはブースターを使用して電波を増幅させます。室内アンテナは配線などの工事を依頼する必要がないため、少ない予算でテレビを見られる環境を整えられます。アンテナは地デジを見るためのUHFだけでなく、衛星放送を受信するためのCSやBSのアンテナもあります。CSやBSの衛星放送はそれぞれ違った通信衛星ですが同じ方角にあるため、両方に対応しているアンテナを使用することで、両方の衛星放送を受信できます。